Original

「個」への尊重がミスマッチを防ぐ! GMOペパボに聞く『会社づくりと採用』

多くの企業が採用に力を入れ活動している中で、どうしても自社にマッチしない人材も増え、採用してもすぐに辞めてしまう人が出てくることがあります。

現に厚生労働省が発表している「学歴別就職後3年以内離職率の推移」によると、3年以内の離職率は1番低い大学卒でも、31.9%という数値が出ています。

そのような採用でのミスマッチという問題を解決する1つの手段として、社員と会社の双方への理解と自社の魅力を最大限に知ろうとする意識を作る『愛される会社づくり』が必要です。

国内最大級のレンタルサーバー「ロリポップ!」をはじめとするホスティング事業や、EC支援事業、ハンドメイド事業など13のサービスを手がけるGMOペパボ株式会社は、採用においてのミスマッチが少なく、社員の流動性が高いIT業界において、過去3年での1年以内の定着率は平均95.3%と、高い従業員定着率を誇っています。

そこで今回は、人事企画グループのマネージャーである間浦氏と、採用を担当している福場氏に『会社づくりと採用』について伺いました。

プロフィール

間浦 剛氏(右)
2016年7月に人事部門の労務メンバーのマネージャーとして入社し、様々な社内のプロジェクトへ参加。「ペパボの働き方改革」や「評価制度」、「新たな表彰制度づくり」等に従事。2018年11月からは、採用メンバーのマネージャーを兼務し、いままでの様々な人事制度をより「採用力」に結び付けていくための課題解決や企業文化の構築に努める。

福場 麻美氏(左
2013年に新卒でpaperboy&co.(現:GMOペパボ)に入社。カラーミーショップにて法人向けの営業を担当した後、2015年 6月に現在のHR統括部に異動。新卒採用をメインに、応募者対応や、インターンシップ・会社説明会の企画などに努める。

愛される会社づくり』は「個」への尊重から

Find Job!
なかなか流動性の高いIT業界の中で、従業員定着率が高いと言う企業は、とても珍しいように思います。貴社が会社づくりにおいて、気をつけている点と言うのは、どのようなところにあるのでしょうか。

間浦氏
近年、働き方改革が推奨され、他社ではユニークな福利厚生を導入していたり、待遇に力を入れていたりと、様々な施策が注目を集めているじゃないですか。その中で弊社は、他社で実施している施策を「あの施策がいいから、自社でも取り入れよう!」ではなく、1人ひとりのパートナー(GMOペパボでは社員のことをパートナーと呼んでいます)の「個」を尊重した施策を非常に重要視しています。

例えば、採用前の段階から、求職者との関係性を深める機会を多く作っています。具体的には、面接を行う中で、家族状況や入社後のキャリア形成、育児や日々の生活の中といったライフスタイルなど、業務とは直接関係ないこともヒヤリングを行っています。そのような求職者と会社間の情報共有があった上で、採用に至ります。

Find Job!
採用前の段階から、1人ひとりに関する情報をしっかりとヒヤリングすることで、会社として働きやすい環境を作っていく訳ですね。

間浦氏
もちろん入社前だけでなく、入社後には自社への理解を深めるための研修や不安な要素がないかといった面談もしっかり行っています。その結果、新入社員の組織に対する考え方や会社に対する理解を深められていると思います。他にも、入社日に部署やチームのメンバーとランチに行く機会を意図的に作っていたり、職種によっては入社から3か月間、同じ職種の人とのランチを定期的にセッティングするなど、ペパボやチームに馴染みやすいような仕組みがあります。

福場氏
数年前まで弊社の研修は、新卒採用の場合、4月に入社して年内までの8ヶ月間おこなっていました。長い研修期間の中で、自社に対する理解や、組織の考え方を深く学んでいただく機会を設けていたからこそできたものだと思います。

個々が『分かる』からこそ生まれるコミュニケーション

間浦氏
弊社では入社時に部署や趣味などのプロフィールを書いて、全パートナーに公開していただいており、過去の情報も含めて閲覧できるようになっています。工夫してお互いを知る機会を意図的に作り、たくさんのコミュニケーションを発生させる支援をしていることが、会社づくりに繋がっているように感じていますね。

また、弊社はSlack*を、社内コミュニケーションツールとして利用しているのですが、Slackの中で入社してすぐの人は、「何か質問したいな」と思った時に「誰に質問していいのかが分からない」といった状況によく陥ります。もちろんメンターはいるのですが、必ずしも席にいるとは限りません。昨年からは入社したばかりの方がなんでも聞けるSlackのチャンネルを作り、部署や役職にこだわらず、会社全体でその疑問に対して答えるといった、質問をしやすい場所を作っています。

※Slack:ビジネスチャットツールの1つ。メールより容易に連絡を取り合うことが出来、近年多くの企業で導入されている。

Find Job!
なるほど。各々の背景や情報を知る環境を意図的に作っていくことで、『お互いがお互いを支え合っていこう』という意識が会社全体に生まれているということですね。

間浦氏
そうです。そういった経緯もあり、福利厚生や新入社員のオンボーディングをどうするべきかを常に考えているので、より1人ひとりが働きやすい環境づくりにつながっているのだと思います。

wevox*というエンゲージメントツールを使って、会社へのエンゲージメントがどう変化していっているのか継続的に観測したり、モチベーションや健康面でのサポートのため月1回の1on1を実施しています。

マネージャーからは「なんでこんなに面談回数が多いのですか?」と言われることもあるのですが、その際は、ペパボがパートナー1人ひとりを大切にしたいという背景があることを説明しています。個々にクローズアップして、そこに対してその人が心地よく会社で仕事ができるフォローを手厚くしてあげているというところに尽きるのかなと思います。

※wevox:株式会社アトラエが提供している組織改善プラットフォーム。組織に関する様々な状態を可視化することができ、組織の活性化を図ることができる。


パートナー同士の交流機会を多く設ける

Find Job!
御社が社員1人ひとりを尊重して、働きやすい環境を会社全体で創造していることは、お話をお伺いして感じることができました。では、実際に社員同士での交流と言うのも盛んに行われているのでしょうか。

福場氏
弊社では、四半期に1回事業の報告会があるのですが、その後に懇親会を開いたり、オフィシャルではないのですが、お花見にいったり、BBQをしたりといったイベントも多いですね。また、日常的に違う部署の人や違う職種の人とランチに行くことも多いと思います。

Slackを使ったコミュニケーションはもちろんのこと、GitHub Enterprise*を開発の方に限らず、全員が利用しています。職種に関わらず共通のツールを使って情報をオープンにしておくことで、チーム内での縦の繋がりも出来ますし、異なる職種同士の繋がりも出来る点がよく機能しているのかなと思います。

日常的なイベントはもちろんのこと、季節ごとのイベントが多いことに比例してパートナー同士の交流が多いように思います。

※GitHub Enterprise:GitHubのエンタープライズ版。インターネット上で行う一般的なGitHubと異なり、ソフトウェアであることから、自社のサーバー上でGitHubが利用でき、自身にあった環境での利用が可能となっている。

Find Job!
日常的なイベントとなると、他の部署との関わりがとりづらいと思うのですが、具体的にどのようにその接点を作っているのでしょうか。

福場氏
一番接点として多いのは、職種同士の繋がりですね。具体的には、エンジニアやデザイナーが技術の情報を交換する場やSlackでのチャンネルを設けたりしています。また、趣味のチャンネルやランチ会などもあり、フットサルやアニメ、オカルト、カレーなどの様々な部活が活発に活動しているということもあって、部署を通り越しての交流が盛んに行われているように思います。

間浦氏
確かに部署で集まる機会というよりも、スポーツやアニメといった共通の趣味というキッカケで集まる機会が圧倒的に多いです。最近、カレー部は2駅分くらい歩いてランチに行くんですけど、帰ってくるのがギリギリになってしまって(笑)。なので、休みの日も使って活動していたりしていますね。

福場氏
共通の趣味を見つけるキッカケとして、社内のコミュニケーションツールもその1つなのですが、TwitterなどのSNSで知ることもあります。弊社はSNSに関してはとてもオープンで、パートナー同士でTwitterやInstagramをフォローしあったりしていることも影響していますね。また、普段からSNSで各々が情報を発信しているので、そこから部署を超えた交流が生まれています。


ペパボが大切にしている3つのマインド

Find Job!
パートナー同士の交流機会が多いと言うことは、とてもパートナー同士の仲が良い企業なのですね。そうなると、採用の段階ではどういったことを重要視するのでしょうか。

福場氏
弊社では「わたしたちが大切にしている3つのこと」と言うものを全パートナーが持っておくべきマインドとして掲げています。それは『みんなと仲良くすること』『ファンを増やすこと』『アウトプットすること』です。この3つの部分は採用の面接の中でも必ずといっていいほど確認はしていますね。

また、これらが人事の評価指標にもなっていたりするので、あるだけの言葉ではなく、しっかりとパートナー頭の中にインプットして、聞かれたらすぐ答えられるパートナーがほとんどですね

Find Job!
採用前の段階で「わたしたちが大切にしている3つのこと」のページを見られるということもあるとは思うのですが、それ以外で求職者に対して「合いそうだな」と感じる部分はどのようなところにあるのでしょうか。

GMOペパボ

福場氏
そうですね。弊社はどちらかというとチーム単位での開発がベースにあり、個人で黙々とやるような業務はあまりないので、チームで成果を出していくことが好きだったり、得意な方は、入社後も活躍してくれると思っています。

間浦氏
当社は社長も含め入社した方のSNSやプライベートの活動に対しても、興味関心が高いパートナーが多いので、「そういったことは大丈夫ですか?」という確認はするようにしています。

あとは、弊社はイベントに限らずインターネット上での情報発信を積極的に行っていて、パートナーが映っている写真をインターネット上に公開することも多いので「写真とか撮って、こういうことやってます」ということが苦手な方であれば、絶対ではないのですが、社風と少しマッチしない部分があるかもしれません。

参照:
わたしたちが大切にしている3つのこと


1度しかない求職者の人生に寄り添う

Find Job!
採用活動の際に重視するのは、やはり社風の部分なのですね。御社で、特徴的な説明会や内定式を実施している背景には、そういった社風の部分や、企業理念に共感できるかでマッチングを図るといったことがあげられるのでしょうか。

福場氏
企業理念が『もっとおもしろくできる』ということで、2013卒新卒向け会社説明会から特徴的な会社説明会を実施するようになりました。そのキッカケは、企業理念もそうなのですが、それ以上に「就職活動」って大変だからこそ、1度きりの新卒の就職活動を楽しんでもらおうと思ったのが始まりですね。そこから始めて、特徴的な説明会を実施してからは、企業理念である『もっとおもしろくできる』を掲げて、毎年毎年グレードがどんどん上がって行きました(笑)。

会社説明会に限らず、内定式とかも社長がコスプレで登場したり、会場をサッカーの記者会見のようにしたりと工夫をしています。これは、内定式も新卒の就職活動と同様に人生で1度しかないのでイベントを楽しんで、その人にとって「ペパボを選んでよかった」と思ってもらえるような、良い思い出にして欲しいという思いが込められています。

確かにそういった会社説明会や内定式を実施することが、自然に求職者とのマッチングに繋がっているのではないかと思います。しかし、あくまでマッチングを図るものではなく、一生に1度きりという経験を彩ってあげたいという思いがとても強いですね。

GMOペパボ

間浦氏
採用というのは、人事が主導でやっているということで管理部門が担当するじゃないですか。各社そうだと思うのですが、管理部門って結構地味なことをすることが多いです。しかし、弊社は『もっとおもしろくできる』という理念を掲げているので、社長に管理部門から提案する時にも「僕たちだったらこういう工夫が出来ます」というものを出さないと、承認されません。

それで単純な会社説明会ではなくて、「ペパボがやるなら」ってよく言われるんですけど、その中の1つに特徴的な会社説明会や内定式が実施されているんです。普段から「ペパボならどうする」っていうところを考えて、提案していますね。

Find Job!
なるほど。「自社らしさ」を考えて、それを会社説明会や内定式に落とし込んでいるのですね。


パートナーと会社、互いの距離感を縮めることがヒントに

今回お話を伺って、社員1人ひとりに対する対応や、情報の共有、つまりコミュニケーションの機会をオンラインでもオフラインでも作っていき、会社とパートナーとの距離を縮めていくことが、会社づくりのヒントになるのではないかと感じました。

会社の存在意義として、自社の利益をあげることは前提としてありますが、その中でも組織として存続していくためには、人の存在が欠かせません。だからこそ、社員1人ひとりに寄り添える会社が結果として成長していくのではないでしょうか。


株式会社ミクシィ・リクルートメント

株式会社ミクシィ・リクルートメント

株式会社ミクシィ・リクルートメントは、IT・Web業界に特化した求人情報サイト「Find Job!」を運営しています。 「Find Job!」は20年以上、40,000社を超えるIT・Web人材を求める企業に活用いただいております。転職情報を閲覧する会員登録ユーザーは、これからのIT・Web業界で支えていく20歳〜35歳が8割を占めております。 IT・Web業界の若手人材を獲得したい企業と転職したい若手を繋ぐ人求人情報サイトとして、企業の採用ニーズと求職者の転職ニーズを満たします。

【採用担当向け】面接案内メールの注意点と5つのテンプレート

2019-05-16 14:00

人事の重要な仕事の1つに面接があります。 その際、求職者に対して面接の案内メールを送らなければなりません。 今回は面接の案内メールのテンプレートを紹介します。

ペイドメディアとは

2019-05-16 13:00

ペイドメディアの意味やメリット・デメリットについて紹介しています。

令和時代の新しい採用活動「スクラム採用」成功のための5つのポイント

2019-05-09 13:00

2019年春、注目を集めている「スクラム採用」。従来型の採用活動とは大きく異なり、全社員が自律的かつ自主的にアクションをとる新しい採用活動です。これを提唱するのは、株式会社HERP 代表取締役CEOの庄田一郎氏。今回は、スクラム採用が解決する企業の抱える課題、企業にもたらすポジティブな変化について詳しく伺います。

スクラム採用とは

2019-05-09 10:00

スクラム採用とは、採用支援サービスを提供している株式会社HERPが定義した「共通のゴールのために、全社員が一丸となって採用活動に取り組むこと」を意図した言葉です。

【2019年版】説明会・セミナーで使える便利なツール12選!

2019-04-26 14:00

説明会やセミナーは会場の準備や参加者の管理など、開催する前に手間や時間がかかってしまう業務がたくさんあります。今回は、説明会・セミナーで手間のかかる部分を効率化できる便利ツールを紹介します。


人気記事ランキング

© Basic Inc. All Rights Reserved.