Original

人材紹介とは

人材紹介とは

人材紹介とは、厚生労働大臣の許可を受けた人材紹介会社が人材を募集している企業と仕事を探している求職者を繋げる採用支援サービスの1つです。

また、転職エージェントと呼ばれるサービスも人材紹介に含まれます。

近年では、採用コンサルタントと呼ばれる求職者に専属のキャリアアドバイザーがつき、就職までをサポートしてくれるサービスが転職市場に限らず、新卒市場においても活発化しています。

ビジネスモデルとして、企業から求職申込を受け、その条件に見合った人材(求職者)を紹介することで、企業から雇用した人材の年収の一定割合分のマージンを請求するという形を多くの人材紹介会社がとっています。そのため、求職者側は無料で利用できます。

人材紹介のメリットとデメリット

 メリット

メリットの1点目に余分な費用がかからないことがあげられます。成功報酬型の求人手法であるため、採用が決定するまで費用はかかりません。従来の求人広告とは異なり、求人掲載料がかからないため、余分な費用をかけず採用活動ができます。

また、一般的な採用活動より、効率良く採用活動ができるというメリットもあります。母集団形成や求職者との面談日程の調整、合否連絡などの手間を省くことができます。

さらに、早期退職した際に人材会社から費用を返金してもらう保険のような制度もあります。

デメリット

人材紹介のデメリットには一般的な採用活動より、一人当たりの採用コストが高いことがあげられます。人材会社経由で採用した場合、その採用した人材の年収の何割かを人材会社に支払う必要が出てきます。その費用がどうしても一般的な採用活動より嵩んでしまう場合もあります。 

企業が人材紹介を活用する際の主なフロー

  1.  人材紹介会社のサイトに登録する
  2.  自社の欲しい人材(求人)を伝える
  3.  その要望を元に、人材紹介会社の方から人材を紹介してもらう
  4.  紹介してもらった人材を面接等で判断し、本当に自社に合っているかを見極める
  5.  自社に見合っている人材であれば、採用する
  6.  採用した場合、企業はその採用した人材の初年度の年収の何割かを人材紹介会社に支払う

上記のフローは一般的な流れになるため、人材紹介会社との契約などによって異なる場合があります。
紹介フィーも人材紹介会社との契約時に金額や割合を確認して齟齬のないように利用しましょう。

入社者の定着率向上と早期戦力化を図る「オンボーディング」を成功させる3つのポイントと事例

2019-06-20 18:00

最近よく耳にするようになった「オンボーディング」、言葉自体は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。 実はオンボーディングは、海外では candidate experience と同じく当たり前のように導入されてきています。 今回はそんなオンボーディングについて詳しくご紹介します。

【7選】自社に適した社内チャットツールを選ぶには?ツールの特徴と導入すべきポイント

2019-06-17 15:00

メールや電話に代わり、社内のコミュニケーションを円滑化するべく開発された社内チャットツール。そこで今回は、各社内チャットツールの特徴とどういった企業にそのツールを導入すべきなのかを紹介します。

業務効率化を図る!ツールを選ぶ3つのポイントと目的別ツール 9選

2019-06-14 15:00

業務効率化に悩んでいるなら、ツールを導入するのはいかがでしょうか?業務効率化に役立つツールとその選び方を紹介します。

分断勤務とは

2019-06-13 15:00

分断勤務とは、労働基準法で定められている所定労働時間を分けて勤務する制度です。 具体的には、5時間はオフィスに勤務し、業務を行った後、残り3時間は自宅に持ち帰って取り組むといった形の労働形態です。

2つのポイントに注目。採用を成功へ導く「テックオリエンテッドな選考プロセス」とは?

2019-06-13 14:00

今回は、プログラミング学習・試験プラットフォーム「track(トラック)」を展開している、株式会社ギブリーのプロジェクトマネジャー・近藤 翔氏(写真右)とエンジニアの川原 祐氏(写真左)に、実際に成果を上げている「テックオリエンテッドな選考プロセス」について詳しく伺います。


人気記事ランキング

© Basic Inc. All Rights Reserved.