スクラム採用とは

スクラム採用とは、採用支援サービスを提供している株式会社HERPが定義した「共通のゴールのために、全社員が一丸となって採用活動に取り組むこと」を意図した言葉です。

スクラム採用を満たす条件とは

採用チャネルが多様化し、自社に適した人材を採用することが容易ではなくなった昨今。
人事だけではなく、会社全体でスクラムを組むように一丸となって採用活動に取り組むことで、採用力が向上したという背景がこの言葉にはあります。

スクラム採用は下記の3つの条件を満たす採用活動のことを指します。

採用に関する権限移譲

面接やエントリーシートといった採用活動のワークフローを分解し、それぞれのフローを社内の最適な担当者に権限移譲することです。
具体的には、専門性の高いエンジニアなどの職種に関しては、現場社員が最も明確に必要な人材や求めている人材像をもっています。

新卒でも職種別採用が台頭していることもあり、各職種ごとの最適な採用手法に関しても、現場主導で採用活動をおこなっていることがスクラム採用としての1つの条件となっています。

採用活動に関する成果の可視化

採用活動によって得られた応募数やどのような求職者とマッチングが高いのかなど、具体的な成果を全社員に情報として共有し、可視化する仕組みや文化が出来上がっていることです。

また、それらの成果を元に採用担当が中心となって、定期的な振り返りを実施し、改善が行われていることも必要不可欠です。

採用担当のPM(プロジェクトマネージャー)化

プロジェクトマネージャー化とは、採用担当が採用活動における業務や施策を実施するプレイヤーではなく、プロジェクト全体のマネジメントや、採用のプロフェッショナルとして知識や採用ツールなど現場社員がわからない部分を補填してあげる役割を担うことです。

PM(プロジェクトマネージャー)化することで、各職種別の採用に関するデータが集まり、より強固な採用組織が生まれます。

これらの条件を全て含まれた採用活動のことを「スクラム採用」と言います。
スクラム採用を行うことでどのようなメリットを得ることが出来るのでしょうか。

スクラム採用に取り組むメリット

次にスクラム採用を導入することで得られるメリットを簡単にご紹介します。

  • 組織全体の採用力の向上 
  • 社員のエンゲージメント向上
  • 組織や文化の土台が強固なものになる
  • 自社の認知度が上がる

実際にスクラム採用を実施し、成果を出している企業は、このような結果を得ています。

しかし、ただ他社の事例を真似るのではなく、考え方のヒントとして捉え、自社ならどうするべきかを考えることが大切です。

参考元:https://medium.com/@ichiroshoda/現代の要請を満たす-スクラム採用という考え方とその実践-a13f6b7dba7

スクラム採用を提唱する株式会社HERP 代表取締役CEOの庄田一郎氏のインタビュー


令和時代の新しい採用活動「スクラム採用」成功のための5つのポイント

『従業員体験(Employee Experience)』とは

2019-08-21 10:44

従業員体験( Employee Experience 以下:EX)とは、文字通り従業員がその企業で働くことで得られる体験のことです。具体的には、オフィス環境や福利厚生、オンボーディングなど、従業員が企業で働く上で欠くことのできない直接的要因が多く該当します。 このEXが注目されるようになったのは、IT技術の普及により、労働環境のみえる化ができ、今まで暗黙の了解とされていた長時間残業や社内環境が明るみになったことや、採用難による離職率の低下を防ぐことが多くの企業にとって課題となってきたという背景があります。また、転職が当たり前の市場になりつつあるからこそ、従業員が自社で働く理由を見出す必要が出てきたということもあります。 この体験を通じて、企業は従業員の満足度を高めることを目指しています。従業員の満足度を高めることで、先ほど述べたようにエンゲージメントの向上による離職率の低下や日々の業務の生産性向上に貢献することができるのです。

中途入社予定者フォローの必要性と3つの例

2019-08-19 18:16

内定後から入社までの期間をどのように過ごすかで、その人の入社に対する熱量は大きく変化します。実際に、多くの企業は新卒の内定者に対し、懇親会や内定式といった様々なイベントを企画されています。 しかし、内定をもらった中途入社の方に対し、そのような機会を設けることはあまりありません。そこで今回は、中途入社予定者に対する入社までのフォローの必要性と具体例を紹介します。

『エバンジェリスト』とは

2019-08-16 10:26

エバンジェリストとは、IT業界においてテクニカルエバンジェリストとも呼ばれ、テクノロジーの情報や自社サービスのことを、社内外に分かりやすく説明する、エンジニアとマーケターを合わせたような職種です。もともとエバンジェリストとは、キリスト教における福音主義(evangelicalism)からきており、福音(良い音信)を伝える人を指します。

『アルムナイ』とは

2019-08-08 09:30

アルムナイとは卒業生や同級生を意味する英単語「alumnus」の複数形「alumni」が語源になっています。ビジネス界においては、企業から卒業した人、つまり退職者のことを指します。 海外では主流の考え方の1つで、ハーバード大学、オックスフォード大学などはアルムナイに向けて、イベントを企画したり、アルムナイしか買うことのできないグッズを制作したりしています。 外資系コンサルティング会社アクセンチュアでは、アルムナイに対する様々な制度を設けています。具体的にはインターネット上にクローズドのコミュニティを作り、そこで情報共有を行ったり、スキル・人脈をシェアしたりすることができます。所謂オンラインサロンのような役割を担っているのです。

採用に役立つ!? 企業が副業を導入するメリットと注意するべきポイント

2019-08-06 10:32

2018年から政府の方針として、『副業』が解禁されるようになりました。 リクルートキャリアの調査によると、副業や兼業を容認している企業は、まだ約3割と少ないですが、これからより副業が推進されていくことが予想されます。 現在副業をする側に焦点がいきがちですが、企業としても副業を導入しなければならない体制を整えなければいけません。 では、副業をする上でどのようなメリットがあるのでしょうか。 今回は企業が副業を導入するメリットと注意するべきことを採用と照らし合わせながら、紹介します。


人気記事ランキング

© Basic Inc. All Rights Reserved.