採用にマーケティング思考を! Find Job!×ferretのタイアップメディアリリース!

厚生労働省が毎月発表している「一般職業紹介状況」によると、平成26年度以降の有効求人倍率は1倍以上で推移しています。平成30年4月の有効求人倍率は1.59倍で、多くの企業は常に人材を求めている状態だと言えるでしょう。

なかでも、少子高齢化により若手の人材は減少していくと見られます。長い目で見たキャリア形成のために若手人材が欲しいと思ってはいながらも、うまく集められていないと感じる人事担当者もいるのではないでしょうか。

今後、少子高齢化がさらに進めば若手の人材はさらに少なくなっていくでしょう。そのような中、企業はただ求人情報を載せるだけでは、人材獲得が難しくなるのではと予測できます。

これからの人事に求められるのは、マーケットインでの採用ターゲット選定と、採用市場における自社の競合優位性の確立という2つの施策をとること、つまりマーケティング思考です。

人事担当者は「採用マーケティング」を身につけ、自社が求める人材を確実に採用していきましょう。

参考:
一般職業紹介状況(平成30年4月分)について|厚生労働省

「Find Job!×ferret」とは

「Find Job!×ferret」は、Web・IT業界に特化した人材募集サイトを運営する株式会社ミクシィ・リクルートメントと、Webマーケティングを学べるメディア「ferret」が協力して立ち上げたメディアです。

「若手人材を集めるために求人情報を載せているのになかなか応募が増えない」と悩んでいる人事担当者は多いでしょう。なかには、新卒採用以外で若手を集めるのは難しいと考えている人事担当者もいるのではないでしょうか。

一方で、「転職したいと思っているのに転職活動の進め方がわからない」と悩む若手転職希望者もいます。

「Find Job!×ferret」では、若手人材に強い「Find Job!」と「ferret」の培ったマーケティング力を掛け合わせて、人事に求められる採用マーケティングの知識や転職したい人に向けた転職ノウハウを提供してきます。

具体的には、

  • 人事に求められる採用マーケティングの思考とは
  • 若手獲得に成功する企業の人事部インタビュー
  • 働きやすい労働環境の作り方
  • 転職希望者は求人広告のどこを見ているのか

など、今の人事のトレンドや転職の課題、若手転職希望者が抱える不安・疑問などにフォーカスした記事をお届けする予定です。

※一部変更になる場合があります。


「Find Job!」とは

「Find Job!」は、株式会社ミクシィ・リクルートメントの運営するWeb・IT業界に特化した人材募集サイトです。大手企業からスタートアップまで40,000社を超えるIT/Web人材を求める企業が活用しています。転職情報を閲覧する会員登録ユーザーは20歳〜35歳が8割を占めており、そのなかのほとんどがWEB・IT業界のクリエイター・エンジニアです。

WEB・IT業界の若手人材を獲得したい企業と転職したい若手を繋ぐ人材募集サイトとして、企業の採用ニーズを満たしています。


株式会社ミクシィ・リクルートメント代表 鈴木氏のコメント

「この時代、採用マーケティングという思考を用いないと満足に人もとれないし、もちろん事業成長もない。」

私自身、人事の方や経営者の方と採用面について話すなかで、このように感じる瞬間が多くなっています。すでに痛感している方も多いのではないでしょうか。

そこで「採用マーケティングとはどうやるのか」という「how to」が必要になるのですが、その方法や成功例を目にする機会は多くありません。

これまでの採用戦略は、母集団(N数)×採用確率という単純な方程式で立てられることが多く、「人事・経営者の稼動量」「採用ツール自体の集客力」「企業認知度」が採用のKPIだと考えられてきました。

採用マーケティングとは、この方程式を「狙う採用市場のポテンシャル×自社の競合優位性」に置き換えること。そして、KPIを「採用確率」のみに絞ることだと私自身は考えています。

他社と同じ戦い方をする必要はありません。なぜなら採用要件が他社と全く同じだということはありえないからです。

幸いにも、日本では多種多様な雇用形態が一般化してきており、採用ツールも豊富に展開されるようになったことで、企業がそれぞれ独自の採用手法を容易に展開できるようになりました。

「Find Job!×ferret」では、何かしらの採用課題を抱えている人事・経営者の方々に、採用マーケティングの方法・成功例をお伝えし、より確実に「事業成長につながる採用成功」を実現できるよう支援するという目的のために制作しております。

Find Job!が発信する「採用マーケティング論」が、少しでも皆様のお役に立てますと幸いです。

岩﨑美樹

岩﨑美樹

テクノロジーやWebサービスを紹介するメディアにて執筆を経験。2018年株式会社ベーシックに入社。「誰にでもわかるWebマーケティング」をテーマに記事を執筆しています。

Find Job!×ferret 終了と移行のお知らせ

2019-09-17 14:38

いつも「Find Job!×ferret」をご愛読いただき誠にありがとうございます。 この度、Find Job!×ferretは9/30(月)で終了することとなりました。

『従業員体験(Employee Experience)』とは

2019-08-21 10:44

従業員体験( Employee Experience 以下:EX)とは、文字通り従業員がその企業で働くことで得られる体験のことです。具体的には、オフィス環境や福利厚生、オンボーディングなど、従業員が企業で働く上で欠くことのできない直接的要因が多く該当します。 このEXが注目されるようになったのは、IT技術の普及により、労働環境のみえる化ができ、今まで暗黙の了解とされていた長時間残業や社内環境が明るみになったことや、採用難による離職率の低下を防ぐことが多くの企業にとって課題となってきたという背景があります。また、転職が当たり前の市場になりつつあるからこそ、従業員が自社で働く理由を見出す必要が出てきたということもあります。 この体験を通じて、企業は従業員の満足度を高めることを目指しています。従業員の満足度を高めることで、先ほど述べたようにエンゲージメントの向上による離職率の低下や日々の業務の生産性向上に貢献することができるのです。

中途入社予定者フォローの必要性と3つの例

2019-08-19 18:16

内定後から入社までの期間をどのように過ごすかで、その人の入社に対する熱量は大きく変化します。実際に、多くの企業は新卒の内定者に対し、懇親会や内定式といった様々なイベントを企画されています。 しかし、内定をもらった中途入社の方に対し、そのような機会を設けることはあまりありません。そこで今回は、中途入社予定者に対する入社までのフォローの必要性と具体例を紹介します。

『エバンジェリスト』とは

2019-08-16 10:26

エバンジェリストとは、IT業界においてテクニカルエバンジェリストとも呼ばれ、テクノロジーの情報や自社サービスのことを、社内外に分かりやすく説明する、エンジニアとマーケターを合わせたような職種です。もともとエバンジェリストとは、キリスト教における福音主義(evangelicalism)からきており、福音(良い音信)を伝える人を指します。

『アルムナイ』とは

2019-08-08 09:30

アルムナイとは卒業生や同級生を意味する英単語「alumnus」の複数形「alumni」が語源になっています。ビジネス界においては、企業から卒業した人、つまり退職者のことを指します。 海外では主流の考え方の1つで、ハーバード大学、オックスフォード大学などはアルムナイに向けて、イベントを企画したり、アルムナイしか買うことのできないグッズを制作したりしています。 外資系コンサルティング会社アクセンチュアでは、アルムナイに対する様々な制度を設けています。具体的にはインターネット上にクローズドのコミュニティを作り、そこで情報共有を行ったり、スキル・人脈をシェアしたりすることができます。所謂オンラインサロンのような役割を担っているのです。


人気記事ランキング

© Basic Inc. All Rights Reserved.