Original

採用でオウンドメディアが役立つ理由

近年注目を浴びている企業のオウンドメディア。なぜオウンドメディアは注目を浴びているのでしょうか。

今回は採用という視点からオウンドメディアを活用するメリットを紹介します。

採用におけるオウンドメディアとは何か

オウンドメディアは「企業の解体新書」

オウンドメディアとは、企業や組織が自ら管理運営して情報を発信し、自社の商品や雰囲気を知ってもらうことを目的としたメディアです。

デジタルマーケティングの1つの手法でもあり、オウンドメディアの運営によってファンを作り、自社をブランディングしています。

オウンドメディアの種類は様々ですが、採用におけるオウンドメディアはいわゆる「企業の解体新書」です。自社の魅力を一つひとつコンテンツとして紹介します。そうすることで、入社希望者とのミスマッチを事前に防げることや自社のブランディングにも繋がります。

採用でオウンドメディアが活かせる4つの理由

自社のことを知ってもらうためのオウンドメディアは、なぜ採用にも関わってくるのでしょうか。

認知度の向上により、学生を集めやすくなる

オウンドメディアで企業自体の認知度が広まれば、自社に興味を持ってくれる学生が集まりやすくなるでしょう。また企業の業務内容を学生側が事前に知ることで、関心度の高い学生、転職希望者を集めやすくなります。

事前の情報周知による、ミスマッチ減少

採用の課題としてあげられるのが入社後のミスマッチです。オウンドメディアの活用は自社への関心度の高い学生や転職希望者に事前に企業情報を周知できます。ミスマッチは雇用側、応募側双方の情報不足や認識不足から発生しますが、オウンドメディアの活用はこうしたミスマッチを防ぐことができます。

広告費用の削減

求人を集める際に効果的な手法の一つが広告発注です。オウンドメディアでの情報発信は広告で訴求する内容を掲載できます。魅力的なコンテンツの作成によって検索順位が向上すれば、広告費の削減にも繋がるでしょう。ただし、メディア運営は簡単ではないため、運用を続ける労力が必要となります。

社史の可視化、資産形成にもなる

採用におけるオウンドメディアのメリットは、社外向けだけではなく、社内向けにも自社の魅力を伝えられることです。また、コンテンツが増えるにつれ、会社にとってオウンドメディアが1つの資産にもなります。そうなると、社員がリファラル採用に取り組む際にもアピールしやすい資料となるでしょう。メディアが採用における1つの資産になるのです。

参考:リファラル採用導入により得られる効果と注意点とは

オウンドメディアを採用で活かすための注意点

実際にオウンドメディアをやり始める際には、様々な注意点があります。今回はオウンドメディアを採用に活かすためにどんな点に注意すればいいのかを紹介します。

コンテンツの質と量の担保

オウンドメディアを運営する際に最も気をつけるべきなのは、コンテンツの質と量を担保することです。ただメディアを作るだけでは労力の無駄遣いです。しっかりとメディアのコンセプトをたてて、どういった人に見て欲しいのかを明確にした上でコンテンツを作っていきましょう。

インハウスライター、デザイナーの確保

本格的にオウンドメディアが軌道に乗ってきたのなら、そのメディア専門の企画チームを作ってみてはいかがでしょうか。ライターはもちろんですが、メディア自体のUIデザインやバナー作成などができるデザイナーを確保することで、より質の高いコンテンツを定期的に増やすことができます。

目的と目標を混同しない

オウンドメディアを運営する際に、メディアの核となるコンセプトを決定します。そのメディアで採用活動が上手くいき、当初の「目標」である採用人数を達成としても、あくまでメディアの根本的な目的であるコンセプトを変えてはいけません。そうすることで、メディアの役割がより明確化し、より良い企業ブランディングに繋がるのです。

まとめ

オウンドメディアと採用活動は密接な関係を築くことができるのです。しかし、メリットだけではありません。自社でメディアを運営するというとは、企画や取材、その他もろもろの負担が増えてしまうのです。

そういったことを加味した上で、プラスになるのであれば、ぜひオウンドメディアを作って、自社の魅力を世界に向けて発信してみてはいかがでしょうか。

株式会社ミクシィ・リクルートメント

株式会社ミクシィ・リクルートメント

株式会社ミクシィ・リクルートメントは、IT・Web業界に特化した求人情報サイト「Find Job!」を運営しています。 「Find Job!」は20年以上、40,000社を超えるIT・Web人材を求める企業に活用いただいております。転職情報を閲覧する会員登録ユーザーは、これからのIT・Web業界で支えていく20歳〜35歳が8割を占めております。 IT・Web業界の若手人材を獲得したい企業と転職したい若手を繋ぐ人求人情報サイトとして、企業の採用ニーズと求職者の転職ニーズを満たします。

© Basic Inc. All Rights Reserved.